TanaCar.net

SI-DRIVE




>


※よろしければ「デザインコンテスト」、「アンケート」にもお寄りいただき、ご投票の程お願いいたします。

SI-DRIVE(SUBARU Intelligent Drive)(2006/5/31)

温かく見守っていきましょう

 これまでTanaCar.netでは試乗しないで評価することはなかったのですが、このSI-DRIVE(SUBARU Intelligent Drive)のコンセプトは高く評価したいと思います。「3つの走行性能を切り替える」これは環境性能に対するスバルの解答でもあると理解すべきです。
 「レクサスIS vs BMW325i」でも触れましたが、「エグゾーストノートは快音だが時としてうるさく感じる」このように感じることは皆さんもおありなのではないでしょうか。いつもいつもアドレナリンを出して走っていたい訳ではないと思います。
「今は流しているだけでいい」そういう時には2リットル(ノンターボ)の走行性能になってくれる。それによって「自制」しないで済むだけでなく、限られたパワーを使い切る楽しさも味わえることになります。

 この機能に最も脅威を感じているのはフォルクスワーゲンではないでしょうか(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI参照)。フォルクスワーゲンはスーパーチャージャー+ターボというツインチャージャーを持っていますが、その音の違和感をカーグラフィック誌は指摘しています。ゴルフGTIの「ボワー」は3歳の長男も嫌がってしまいましたから(VTEC乗りの私共は音に辛すぎ?)。

 このSI-DRIVEをサスペンションにも広げるのは無用でしょうか。確かに、プジョー407や欧州フォード・フォーカスのようなセッティングであれば、オールマイティーで文句はないですし(マイナーチェンジ版のライドコンフォートやいかに)・・・エンジン音は変わってもいいのではないでしょうか。「Intelligent」モードでは静かに、「スポーツ」ではSTIのようになったら楽しいと思います。

 もし仕上がりが悪くても、このメッセージあふれるコンセプトは育てていくべきです。これは高性能車が生き延びるための「品格」だと思います。
_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki