TanaCar.net

2.0 GT DIT CG REVIEW




>


乗り心地の印象のズレは相棒の所為?(2012/7/6)

 CG8月号に2.0 GT DITのインプレッション記事がありました。相棒の足回りチューンによるパラダイム・チェンジの確認になるでしょうか。

「平均で10/Lを越える初めてのターボ・レガシィ」

「(同じ形式名でも)こちらは本物の直噴システム、・・・部品構成でいえば90%以上専用パーツを使用する別物・・・」

「この新型ターボエンジン、通常走行での印象は非常によろしい。実に身軽にシュワーンと加速して行く。」

「常にどこかしら落ち着かない乗り心地・・・街中での粗い乗り心地に対する不満は、・・・速度を上げるとたちまち消え失せてしまった。・・・飛ばすと実にレスポンスが良く、しっかりとした身のこなしを見せるのだ。・・・敏捷かつダイレクトなハンドリングをそなえていた・・・また電動パワーステアリングも非常に正確であり、路肩ギリギリを狙うのに全く不安はなかった。」

 それが故にワインディングではレスポンスの点でSI-DRIVEのS#モードでのシフトパドルが必要ともしています。

 次にこのエンジンが積まれるスバルは・・・ツアラー?WRX?

 楽しみです。


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki