TanaCar.net

0-400m:14.87秒




>


このエンジン乗っておくべき?(2012/9/22)

0-400m:14.87秒
0-100/h:6.76秒

レガシィB4 2.0GT DITのDATAです(於CG誌ジャイアントテスト)。

試乗から時間は経っていますが(ガソリンも高騰していますが)、かつて乗っていた水平対向4気筒2Lターボエンジンの末裔は望外な進化を遂げていました・・・

(これに乗らないでいいのか)フィールド・オブ・ドリームズのような幻聴が聞こえます(^_^;)

 ところで、この値はどのあたりなのか。CG誌のテストDATAと比べると・・・

S2000タイプS:14.6秒、6.7秒(2008/03)

フェアレディZ Version ST(MT):14.8秒、6.9秒(2002/11)

ボクスターS(3.2、5AT):14.7秒、6.8秒(2000/01)

でも・・・

B4 2.0GT spec.B(5AT):14.5秒、6.4秒(2003/09)だったんですね(^_^;)

さあ、このエンジンどう展開されていくのでしょう・・・


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

あれ?そうなんだ

[Mashi] (2012-09-23 09:57:12 (日))

意外なデータですね。DITってもっといいかと思ってました。

が、0−400m、0−100km/hってこのあたりの数字が限界で、
この数字を出すパフォーマンスが低回転から出てくるDITの凄さを直ぐに
気が付き思い改めました。

ターボエンジンの凄さはTSIで改めて気づかされました。小排気量でパワーを出すことにより低燃費で充分なパフォーマンスを発揮する。エンジンをサポートすること、過剰なパフォーマンスだけじゃないターボの存在は衝撃的でした。

NAエンジンは回すことによりパワー、トルクが発生しますのでより直感的に操作できると思っていますので、NA派は変わりませんが
小排気量のエンジン+αで低燃費かつ充分な力があれば、街乗りであればまったく問題がないので、これはアリかと感じています。
ハイブリッドもそうですね。
うーーーん、ちょっと揺れています(~_~;)

それにしてもS2000のパフォーマンス、NAにしてターボ車とほぼ一緒なんですね。
カミソリのような吹け上がりなんだろうなぁ 萌えてきます(*^。^*)

  • Mashiさん、そうなんですよね・・・(spec.Bが凄かったのでしょうか)
    おっしゃる通り、VWのツインチャージャーは流れを作りましたよね。今回DITに試乗して、スバルのターボが気になりだしてしまいました(^_^;)
    (ツアラーに積まれてほしい・・・)
    ところで、これ、ミッドシップなんでしょうか・・・ -- [Tanac] 2012-09-24 12:18:50 (月)

お名前:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki