TanaCar.net

問題はバットじゃなくて




>


あげて下ろすだけ(2013/5/5)

 子供の日は親子対決でした(次男の投球をゲームで打つのは初めて)。

 練習を見に来てくれたOBの中学生が3人も・・・レギュラーに加わってもらい、その他の低学年+大人を相手に紅白戦でした。

 前日の練習で埃をかぶっていたバッティングマシーンが復活し、今日のために少し打っておいた方がいいと忠告され(その前日の紅白戦では大人が結構打てなかったらしい)打たせてもらいましたが、けちょんけちょん・・・(TT)

 もともとゴールデンウィークの後半は紅白戦は予定されていました。最近バッティングがスランプ気味の長男がバットの問題はないか、彼が使っているバットの確認をしたいと思っていましたがこれでは評価できない(^_^;)

 私は中学までの軟式経験しかないので、野球のキャリアが軟式の打ち方の弊害になる事はないのですが、この手のバットは叩きにいってはいけないとのこと・・・

 少しでも参考になればと本当に当てるだけで・・・3打席かかりましたが、左中間にフェンス直撃弾。
 少なくともバットに不足はありません。この日の長男のビデオをチェックしてみると、ゲームだとトップでグリップが下がっている・・・そう、それだけ。このバットならなおさら上げて降ろすだけでいい。

 それと、この日は長男はリリーフでしたが力みがなくいい調子でした。伸び盛りの3年生に対してのところは気持ちの入れ方といいナイスピッチングでした。
(もしかして自分のチームの選手に投げていると思うといい?)

 改めてただ当てるだけの打ち方を示そうと思いましたが、逆にピッチングの調子が良すぎて私に打席が回ってきませんでした(^_^;)

 長男のバッティング、トップでグリップをしっかりあげて下ろすだけ・・・これで大丈夫だと思います。


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki