TanaCar.net

日米通算4000本安打!




>


8000回以上の悔しさとの向き合いに誇り(2013/8/22)

 川崎選手の守る前で決めたんですね・・・

 少し前、イチロー選手が野球を始めた時のエピソードを知りました。

 お父様が野球を始める条件として「毎日練習する事」を課したようですが、小学校2年から6年まで彼はそれを達成したと、されていたのです・・・

 イチロー選手はもとより、練習の内容からするとお父さんの方も大変だったのでは・・・バッティングセンターのイメージがありますが、キャッチボールやノックも含まれていたようです。

 彼のプレースタイルにゴールデンエイジの時の父親との時間が大きく影響しているのでは・・・

 子供たちにこのエピソードを紹介しようと思います。
「イチローはみんなと同じころ、毎日練習していた・・・」
 そして、桑田氏が東大野球部に言った言葉、
「結果を変えるには誰が変わらなければいけないのか?(自分)」


イチロー選手の談話より、
「4000本のヒットを打つために、8000回以上の悔しい思いをしてきている。その中で、常に自分なりに向き合ってきたという事実はある。誇れるとしたらそこではないかと思う」と話しました。
今後の選手生活について「うまくいったことではなく、うまくいかなかったことの方が強く記憶に残り、その中で瞬間的に喜びが訪れる、それがプロの世界のだいご味でもあると思う。これからも失敗をいっぱい重ねていって、たまにうまくいってという繰り返しだと思います。うまくいかないことと向き合うことはしんどいですが、これからもそれを続けていきます。」


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki