TanaCar.net

読売、話し半分?




>


取材力の低下(2012/10/12)

 読売新聞は「森口尚史氏らが、あらゆる種類の細胞に変化できるiPS細胞から心筋の細胞を作り、重症の心不全患者に細胞移植する治療を6人の患者に実施したことが分かった」としていました。

 またiPS細胞の実用化への手続きや倫理上の問題点にもふれていました。

 しかし、皆さんご存知のように、ハーバード大は「森口博士の研究に関連するいかなる臨床研究もハーバード大及びマサチューセッツ総合病院の倫理委員会によって承認されていない」との声明を発表しました・・・

 職場の読売を「人生案内」があるので読むのですが・・・確かにちょっとひどいですよね。取材力の迫力を感じない・・・

 それと、読売って「万能細胞」って書くんですよね・・・普通に人工(or誘導)多能性幹細胞と言うべきなのでは・・・そういうところが胡散臭い・・・

 え、皆さんはとっくにマスコミはエンターテイメントという位置づけですか、ジャーナリズムではなくて。まあ、そうですよね。福島の爆発後、いやというほど見せつけられましたからね・・・(記者クラブに乗らない公約を出す政党は?)


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki