TanaCar.net

大家族のお隣の主人が訪問




>


実証で声に張りがある(2008/5/11)

 温家宝首相のときもそうでしたが、胡錦濤主席も声に張りがありますね。

 胡錦濤主席はまさに「実証」とおみうけました(今日本でこれに対峙できる「実証」の政治家は・・・中川氏?)

 今の日本でこのような声でしっかり話す政治家って・・・私はちょっと浮かびません。

 でも、卓球をする時の目つきはちょっと変わりましたね。良く見えなくて睨みつけていただけでしょうか・・・(妻の友人に私を睨む人がいましたが、あとで聞くと目が近いということでした)

 ちょっとムキになるタイプなんでしょうか(^_^;)

 問題は指摘されていますが、やはり隣国の指導者が日本を訪問することは(その逆も)必要なのかもしれません(実際はその様子をマスコミの映像で垣間見るのみですが)。


 私は高校で世界史を修めておりませんので、「国際情勢」なんて分かりやすく例えないと理解できないのです(^_^;)

「世界が100人の村だったら」的に中国を例えるとどうなるのでしょう・・・

 まあ、大昔からのお隣でこちらが4人家族だったら、向こうは・・・40人!

 ついこの間まで10年程、家主が顔を合わせなかったということですか・・・

 お互いが大嫌いな家族が多い?(でも隣近所とはそういうもの?)

 この例え、私にはけっこう理解につながるかも・・・これでいくと日中戦争は?円借款は?政冷経熱は?・・・両家の複雑な事情はとても一筋縄ではいきそうにありません(普通なら引っ越す?)

 今後、この「お隣」とどう付き合えばいいんでしょうか・・・

 最近、川向うの9人家族の家(警備してもらっているけど、最近うちより「お隣」に関心がうつっている?)が、「東アジア自治会」にはもうあまり口出ししないから(商売は儲けさせてもらうけど)・・・と思っているようなのですが、そうなるとさらに「お隣」とどうしていくのがいいのでしょう・・・


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

 







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki