TanaCar.net

聖域での開発




>


聖域での開発(2005/11/06)

「日本車は個性がない」と言われますが、本当にそうでしょうか。以前、カーグラフィックの姉妹誌?のNAVI誌に興味深いエッセイがありました。「サンクチュアリ(聖域)での開発」という題のそれは、マツダ・ロードスタースバル・レガシイ・アウトバック(レガシイワゴンのロードクリアランスを200mmに拡大した、ワゴンとSUVのクロスオーバータイプ)を取り上げていたと思います。

GRAND.jpg

(写真はレガシイ・グランドワゴン)

 これらの車が開発されているときには、周りに同じコンセプトの車は存在していませんでした。ロータス・エランはもはやクラシックの香りもしていて、当時オープン2シータースポーツの市場があるとは思われていませんでした。

 そのエッセイでは、「後発の開発者は、ロードスターやアウトバックを見なかったと言う事は出来ない。」とありました。そのカテゴリーで、何も見ないで開発したのは、この2ブランドだけであり、これからもこの2ブランドだけなのです。その「聖域」での開発は、これらのモデルに一種の迫力を与えます。この2台は、モデルチェンジを重ねていますが、コンセプトのぶれは感じられません。それぞれの分野でMercedes-Benz、PORSCHE、AUDI、VOLVOといったお歴々が参入していますが。この中で最初に手を上げたのは誰なのかと言う問いに、2台の日本車が手を上げる姿は誇らしい限りです。

 カーグラフィック誌(12月号)でロードスター、ボクスター、SLKの比較がされています。「クラスが違うだろう」と思われるかもしれません。しかし、開発の場では後発2ブランドはロードスターの成功(オープン2シーターの市場の存在)を見てから開発しているので、この取り合わせは的を得ていると評価したいと思います(記事の中でもことわっていますが、むしろSLKをBMW Z4にチェンジした方がいいでしょう)。
 
 この記事の中で、CG誌は「ロードスターのシャシーが後発の現代的スポーツカーと違う文法で躾られている」としています。これを読むとやはりロードスターにも試乗しないとイケないようです・・・
 
 日本には、ほかにハイブリッドもロータリーもSH−AWD(レジェンドに搭載)もあります。こんな国は他にないですよね・・・







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki