TanaCar.net

信玄と謙信




>


信玄と謙信(07/5/6)

 風林火山に便乗するようで恐縮・・・いえいえ、ぜんぜん恐縮ではありません(オイオイ)。というのも私はこのテーマで書く資格が少しある?(^_^;)

 私が初めてこの盆地に暮らし始めた年も、中井喜一さんが信玄を演じた大河ドラマが放映されていました。

 あのころは、めずらしく新田次郎を読みきったからって偉そうに、謙信ファンの父によくふっかけていました(^_^;)

「結局、川中島を治めたのは武田なんだから信玄の勝ちでしょ・・・」
「今日はこのくらいにしてやろう、て結局帰っちゃうじゃないか、謙信は・・・」
(^_^;)
 「天と地と」を読んでいたら、掌を返した結果になっていたでしょうに・・・今思えば、なぜ父は新田次郎をすすめたのでしょう。両方家にあったのに・・・(そうじゃなくて、普通両方読むだろ?)

 その言の浅さは、謙信の本拠地、春日山のふもと(上越市高田)に赴任することになって知ることになります。

 高田から妙高を越えて長野への移動は、吹雪かれると頼まれなくても50km/hで走りましたし、あれでスタックしたら・・・ちょっと生命の危険を感じる厳しさです。
(黒姫山は「信玄め〜」と悔しがる謙信を何度か見ていたのでしょうか・・・)

 当時は「松本」ナンバーのSVXでした。旅行のお土産のノリでルーフに積んでいたジェットバックに「毘」のシールを貼っていましたが、次の赴任地はなんと恵林寺(甲斐武田氏の菩提寺)の近くだったのでした。「毘」を貼った松本ナンバーで甲府盆地をウロウロしたわけです(^_^;)



(コメント欄で「&br;」を入れていだきますと改行となります)
_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki