TanaCar.net

小林さんのクラウン評




>


The Best Saloon in the World(2013/5/8)

 小林カーグラフィック名誉編集長はクラウン・2.5ロイヤルサルーンGをこう評しました・・・

 氏は以前もロイヤルサルーンを高く評価していました。(だからこそ、私が今回のクラウンに試乗する際もロイヤルサルーンを先行させました。

「変速時のショックは事実上セロで、上げるも下げるも無類にスムーズであった。」

「舵を切ってみて驚いた。・・・しっとりと上質な反応を感じたからである。筆者はステアリングのフィールを重視する。概していえば、これまでトヨタ車のステアリングはいずれも曖昧だった(唯一の例外は90年代のマーク競張▲蕁Sだったと思う)。それが今回のクラウンでは、信じられないほど応答性が鋭くなったのだ。」

「筆者は、停車するとき以外、ほとんどブレーキを踏むことがない。常に2台前の車の挙動を注視しているからだ。クラウンのブレーキは、・・・まったく問題なく、軽い踏力で確実に効いた。」

「インテリアの造形、質感ともに上品でなにもいうことはない。特に好ましいと思ったのは、スポーツカー風の計器盤で、1960年代のジャガー・サルーンを想起させた。・・・“顔つき”だけは、少々奇をてらい過ぎた感じである。」

クルマの生命は車体だと思う。クラウンのボディは素晴らしい造りで、ドアはコトリと“高価に”閉まる。」

 そして始めの言葉で結ばれました。

新型トヨタ・クラウンをひとことで表現すれば、“The Best Saloon in the World”だと思う。」

 AWDもあるんですね・・・いつかは?(タイヤだけ17インチに換えて・・・)


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki