TanaCar.net

子供手当ての理念




>


うちはこれで行きます(2009/12/13)

 こども手当てを何に使うべきかビジョンを示すべきだと以前書きました。

 「世界がもし100人の村だったら」に書いてありました。

 子どもは人類が生きのびるのに欠かせないしあわせの記憶なのである。

 人類は内なる子どもの輝きをそなえている・・・

 人類が生きのびるためなのだから、いかなる事より優先されるべきでしょう。

 内なる子どもの輝きを失わないために・・・これで行きます。

 追伸:

 同じ本にまだありました。幸せになるための5つの条件。

1.きれいな環境があること。
2.いまいる所から戦争や自然災害で逃げないですむこと。
3.医療を受けられること。
4.教育を受けられること。
5.伝統や文化に誇りを持ち、それを楽しめること。 

 これを子供たちが得られているところでは大人も笑っている・・・


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki