TanaCar.net

子供の被災者に援助を




>


子供たちに希望を(2011/3/31)

 モンテディオ山形の選手が避難している子供達とミニサッカーをしたというニュースで、子供たちが「避難して初めて遊んだ・・・」と話していました。

 我慢しなくてはと遠慮してしまう子も少なくないかもしれません・・・

 こちらの県の体育館にも福島から非難してきた人がいるようですので、うちで余っている野球のボールとか持っていこうか・・・

 でも、今朝、玩具メーカーの協会やボランティアの方々がおもちゃ等を避難先に発送したというニュースを見ました。支援の輪が広がっているようです。

 子供手当増額分からまず復興費用を賄う事を決めるなんて子供達に聞かせないでもらいたい・・・この国は子供達を一番大事にする、というメッセージを子供達に送ってほしいし、実際そうなるべきだ。

 自分さえよければいい→困っている人を支援する、という世の中になっていけば亡くなった方と遺族の方や原発の被害をこれからも受けていく人たちのせめてもの慰めになるでしょうか・・・でも、「情けはひとのためならず」私たちがニュータイプになっていくのでしょうか・・・(現に電気の使い方が変わっている)


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki