TanaCar.net

橋本大阪府知事、一理あり?




>


分りやすい例え(2008/5/9)

 先日、当直先で朝日新聞を見ました。

 橋本大阪府知事のインタビューが載っていました。

 知事の例えは明快でした。

 「買い物をしようとしたら、レジで持っているお金が足りないからカゴをひっくり返してどれを買うのをやめようか考えるのはおかしいことですか・・・」

 私は、それをするにもポリシーが必要だとこれまでは思っていました。

 しかし、今は何でもいいから早く借金返せ、と思うようになりました(なかなか返そうとしないから)。

 そうでないといつまでたっても話が先に進みません。良い提言があっても、財政難なので・・・提言することが無駄に感じられるのは不幸です。


 人口が減るのだから、今までのシステムでいいはずがありません。尚且つ借金もひどいのだし・・・

 「変える」事自体をコンセプトにすべきです。

 何かを変えればしわ寄せが起きます。「だから変えない」じゃなくて、じゃあどうすればいいのかと考えるしかありません。

 警官の数を減らす?それはまずいだろ・・・じゃあ何を減らすんだ・・・やっぱりもうあれはやめた方がいいんじゃないか・・・

 カゴには「なんでこんなもの毎年買うの?」というものがけっこうあるのでは・・・大掃除の時のように「こんなの使わないから捨てちゃえ!」を経ないと真のコンセプトは立てられないのです。

 実際変えてみないとその後のことは本当には見えないと思います。3月14日からやっているフルタイム・マニュアルモード・ドライブですが、こんなに運転にリズムが出るなんて予想できませんでした。この収穫はやってみなければ決して得られません。


 同じような事を言って衆議院の3分の2が与党になった事がありましたが、その後痛い目にあったからもうやだ?

 でも、これはしわ寄せをそのままにしたからですよね(竹中さんは使うべきと言っていたのに・・・手術後、痛み止めを取り上げたわけですから治療されたとは思えない結果になりますよ・・・)。

 何でもいいから借金返し始めましょうよ・・・それで痛い目にあったって、「子供たちの未来のため」なんだから。これのために尽力できないのは人口減社会にはもはや「無用」という認識が求められてくるのではないでしょうか。

 まして、アメリカの景気減速・多極戦略に備えなくてはならないときにそんな発想を内包する余裕なんてないのでは・・・

 うちの6歳と4歳の子達の代わりに・・・

「僕たち、そんな昔からの借金返すのやだなー。なんでおじ(い)ちゃんたち返さなかったの・・・」


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki