TanaCar.net

久しぶりのアルペンのレース




>


いろいろ見えた(2011/3/3)

 ママ.gifAbi-Stationで製作)があんな顔をした(ゴール後)のは初めて見ました。想定していたものと滑りが違っていたのでしょう(^_^;)

 本当に「怪我をしない」がコンセプトでした。最近家族で行くスキーとは出発時間とBGMが違う・・・現役のときと同じ'80J-POPにしました(「ダーンスィフユウォニッ」)

 でも、実際「成年C」がスタートしだしても現役の時の風景にはならず・・・(けっこう皆さん静かにスタート)

 「やっちゃうか・・・」

 と、スタート前に「ふーっ、ふーっ」と呼吸を早めてアドレナリンを出し、ジャンピングスタート・・・

 スタート直後に板を旗門に引っかけてしまうのもみっともないのでポールに当たりには行きませんでしたが、斜面が急になるところでちょっと突っ込みすぎたようで(いや位置エネルギーが昔より増していたのか)、あとはくぐるのがやっと(^_^;)

 ゴール前は間隔が狭いこともありましたが、逆に言うとスピードが出ていてクローチングは最後だけ(^_^;)ゴールで手を前に出すポーズも一応・・・

 いやいや、オークションで入手したサロモンが粘ってくれたおかげ・・・
 ゴール後少し落ち着くと腹筋が痙攣してました(^_^;)

 私は現役の時、レースで恐怖を覚えたことはなかったかもしれません・・・と言うのも今回の「これはヤバい・・・」という恐れは初めての感覚だったからです。

 こちらのサイトで車のコーナリングの理解に時々例えている「ターン」とはどういうことか、フリースキーとレースでは全然違う・・・と思い知らされました。

 やっぱり競技用の板は良い・・・車もそうなのでは?と最近他頁に書きましたが、競技用の板でフリーに滑るのは車に於いて何に当たるのか・・・

 私が日頃やっている「少しコーナーに突っ込んで走る」のは、スキーではただのフリースキーに過ぎません・・・

 スキーのターンでずらさずにターンした時のむしろ後半に加速するような感じ・・・これを、車でも求めてしまいます。それをAWDの威力で応えるBR9は、板で言うとカービング?、従来の板でいい所を踏みこんではじめて得られるエッジングパワーをカービングスキーは傾けただけで提供してくれます。

 私が車に求めているものは・・・スバルがジュネーブで言っているコンセプトかもしれません。
 「人車一体」

 確かにこれは競技用のスキーの方がより感じられます。しかし、それはスキーヤーに脚力が求められます。となるとこの「脚力」に相当するものは車のドライバーに於いては何になるのでしょう?

 もう一つ、考えさせられているのは、来たばかりの妻号C3はスキーでいうと何に当たるのか・・・「答えは風の中・・・」 


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

一応入賞でした

[Tanac] (2011-03-08 14:27:35 (火))

成年C(<45歳)で7位でした(^_^;)
でも、次男(小1)が私のレースについて書いてくれた感想文が嬉しかったです。
1行全部「はあはあはあ・・・」のところがありました(^_^;)
確かに子供の前であんなにバテたことは初めてでした。
(次男が野球に行くと言いだしたのはもしかして・・・)


お名前:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki