TanaCar.net

危険球?ただのファール




>


良いシリーズだったのに・・・(2012/11/2)

 巨人に対して、内角を効果的に使うファイターズ。ドラゴンズにはない、良い意味で若いさわやかな野球・・・さらに、巨人もそれを初球からどんどん振っていく。

 日本シリーズ2回目の登板となるファイターズの若き左のエースは、気持ちが入り過ぎか、汗まみれのなかストライクが入らず・・・

 巨人の矢野選手、1球もストライクが入っていない相手ピッチャーに対して、初球をスイングしてヒット!

 解説の古田・工藤両氏は苦笑・・・いや、このシリーズの巨人は、ハムの真っ向勝負を受けて立っている・・・私は、ナイススイングだと思いました。

 一連の流れを楽しませてもらっていましたが、台無しにする事が・・・

 動画を見ていただければ分かるように、ただのファールです。

 バントの構えでなければ、長野・村田選手あたりにはインハイの見せ球にもならない(ピクリとも動かないで見送られたでしょう)ボール・・・

 講義中の栗山監督に(退場までの)時間を気にさせる塁審・・・むしろファースト塁審にチェックさせてもいいくらいのはず。

 ファイターズはしかるべき場でビデオ判定の導入をアピールすべきでしょう。

 一方、巨人の加藤捕手。彼が危険球をアピールするコンセプトは?それまでの巨人の試合内容に似つかわしくないのでは。

 それこそ、ベンチ入りしていた阿部選手に、
「みっともないことするな!」と叩いてもらえば良かった?

 明日の試合前、子供たちに考えさせます。

「みんなだったら(加藤捕手の立場だったら)、どうする?」


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki