TanaCar.net

浦和レッズVSヴァンフォーレ甲府




>


※「デザインコンテスト」、「アンケート」にも是非お寄りいただき、ご投票の程お願いします。

J1第32節浦和レッズ VS ヴァンフォーレ甲府(埼玉スタジアム)(2006/11/23)

 今、甲府の秋本選手が2枚目のイエローカードで退場後、浦和のワシントン選手のPKをGK阿部選手が止めました。私は思わず雄叫びをあげてしまいました(^_^;)

 BS1に映し出される真っ赤に染まる満員の観客席を見て、去年の私であれば、故郷の盛り上がりに誇りを感じていたでしょう。
 
 うわっ、2本目も止めた(それも捕った)。

 首位の浦和に対して、最高のサポーターを擁する浦和のホームで如何に引き分けを取りに行くのか・・・という見方をしていましたが、始まってすぐにそれが恥ずかしい事だと気付かされました。

 甲府の選手たちは、自分たちのスタイルをむしろ赤い悪魔たちにアピールするのに必死です。確かに去年はこのステージでのプレーは夢のまた夢でした。

 私の相棒のリア・ウィンドーにはこの2チームのステッカーが貼ってあります。浦和もJ2降格を経験しています。何か因縁のめいたものを感じます。
 しかし、自分がどこのサポーターなのか確認する事になりました。

 おー、藤田ー、惜しいー!(アウトでのフリーキックがバーを直撃)

 埼玉スタジアムで、トゥーリオ選手にあんなタックルをする奴はいなかったのでしょう。バレー選手が正当性をアピールしたのにはさすがのレッズのサポーターもあきれてプレッシャーとなる怒涛のブーイングにはなっていませんでした。

 前日、いわゆる造反議員に二人も名を連ね、復党願いを出したとか、出したかは言えないだとか・・・情けない限りでした。
 しかし、今日、胸に「はくばく」と染めた戦士達は、地元にそれを吹き飛ばす誇りをもたらしてくれました。

 後半立ち上がりに、浦和先制。

 いえ、もう充分です。実況と解説の方に何度も、「甲府の選手たちはこのステージを楽しんでいるようです・・・」言わしめました。

 ヴァンフォーレ甲府の皆さん、本当にありがとう。久しぶりに血がたぎりました。
 


お名前:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki