TanaCar.net

レガシィ富士スピードウェイ体感試乗(1)




>


新型レガシィ 富士スピードウェイ体感試乗会(速報)(2006/8/31)

 8月29日に開催された新型レガシィ 富士スピードウェイ体感試乗会に参加してきました。
 実は、富士スピードウェイで行われたR33スカイラインの同様の試乗会に参加した事があります(シートポジション参照)。そのときの経験を交えて、また改めてご報告いたします(今回は速報ということでご了承ください)。

FISCO1.jpg

 清水和夫さんと有意義なお話をさせていただきました。皆様にご協力いただきました「荻原さんの問いかけ」の対談相手はこの清水さんでした。トヨタの新型車とスバルの関りについてもちょっと驚きのコメントがありました・・・写真の右の方はスバルの辰巳さんです(ガンコおやじの野沢菜の絵に似ていますが(^_^;)、この方に任せておけば大丈夫とみました)。
 プチ・ダイナミックセイフティ・テストのようなコースを走りましたが、アウトバックの素性のよさがとくに印象的でした(右の写真の白のB4は清水氏のドライブですが、B4がダンスしていました・・・)。

FISCO2.jpg

 来年F1グランプリが開かれるコースを走りました。究極の選択、2.0GT VS 3.0Rをたっぷり吟味することができたのですが・・・
 前述のR33スカイラインの時は自分のレガシイ RS type RAでもこのコースを走ったのですが、その時の敵をとったという感じです。
 松田晃司選手のドライブに同乗させていただき、ルマンチャンピオンの荒選手とのBattleごっこを見せていだきました。R33の時は星野一義選手に同乗したのですが、レーサーの操作ってスムーズなんですよね。

FISCO3.jpg

 TanacがレガシイRS type RAに乗っていた頃は、SUBARUにはこのようなイメージはなかったのですが・・・(^_^;)暑い中ご苦労様でした。

 清水さんやスバルの辰巳さんがそれぞれ「完成形」という同じ言葉を使われていたのが印象に残りました。それに対応したイメージ戦略(このようなLADYがGOLFではなくてインプレッサ・スポーツワゴンをセレクトできるように)、販売側の「完成形」の認識が求められると感じました。
 
 有意義な経験でしたがおなかいっぱいになりましたので、皆様にお役に立てる状況に消化してから改めてリポートいたします。

レガシィ富士スピードウェイ体感試乗(2)
レガシィ富士スピードウェイ体感試乗(3)参照


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki