TanaCar.net

マークXとFUGA




>


FR勉強会(2009/11/26)

 久しぶりに試乗しました。

 新型レガシィのS pack.に乗って以来、ちょっと腰が重くなっていましたが、FT-86が「試乗によるクルマの理解」プロジェクトを思い出させてくれました。

「FRを運転できるようになる」
 FT-86によってテーマが増えてしまいました。それも苦手種目・・・

 FUGAが先でした。先代FUGAは、私の相棒初代ストリームの運転スタイルでは上手く運転することができなかったのですが、新型はわざと少なめの舵角で入って途中で切り足してもオーバーステアにはなりませんでした。

 不思議なロール、いやロールしないで回頭してくれる感じです。沈みもしない・・・

 18インチが全くばたつかず、突起を超えたときのいなしも完璧なのですが、なぜかスゴイ!とならない・・・

 騒音を軽減させる装置をOFFにすると、それが有効であったことはすぐに理解できます(雑音の角が取れている)。

 この車は乗り味が爽やか過ぎるのでは・・・

 もう少し、しっとり感(湿り気)があると私にはしっくり来るような気がします。それくらいFUGAには高級感が期待されます(もし、普通の人がガソリンエンジン車に乗らなくなっても、私は最後にこれに乗ろうかと思い始めています)。

 ただ、グリル以外のデザインはカッコイイと思います。そのしわ寄せなのか、私の本来のポジションをとると、メーターとステアリングが干渉してしまい、シートを下げざるをえません。それとAピラーがちょっと近い(やっぱりスバルの内規は有効だったのか・・・)。

 しかし、FRでいつもの試乗スタイルでけっこう乗れたのは収穫ですし、パワステの出来も素晴らしい感触でした。

 それほど日を置かずにマークX3.5に乗ることができました。

 アクセルペダルが重い!(FMDには好都合です)フロアシフトのマニュアルモードのシフトフィールが大事にされている・・・

 以前こちらのトヨペットで試乗した際は、コースがイマイチだったのですが、その若いスタッフは自由にやらせてくれました。Cクラスで全く運転できなかったいつものコース(フィットやアコードetc)に行くと、こちらもすぐにツッコミコーナリングができました。

「FR、上手くなっちゃった?」

 でも、どう入っても同じようにクリアしてくれるのです。荷重移動ありもなしもあまり差がない・・・ただ、こちらはFUGAと違って私の好きなロールを感じさせてくれます。深い曲がりでは、ハンドルはこれくらいの軽さでいいと思うのです。情報は十分なので。

 Cクラスでいくらやっても気持ち良くここを曲がれなかった事を話すと・・・遠回しにBMWなら比較になるが・・・というような事を話されました。

 富士スピードウェイで販売向けの研修があったようです。BMW535も居て、鼻歌交じりでマークXはBMを追い回したそうです。

 それを聞くとなんか分かるような気がしました。リアサスの能力がかなり高く、これくらいの攻め方だとぜんぜん余裕なのでしょう。でも、普通の運転で「気持ちいい」が感じられるといいのですが。

 中学高校と、狂信的な日産ファンでRBエンジンと暮らしていた私ですが、この2台のV6ではトヨタの音の方がなじみやすかったのは意外でした。でも、日産の3.7もスカイラインの2.5からすれば問題はなく、好みの領域の話しです。

 突起を超えたときの音をFUGAと比べるのはクラスが異なり不適切かもしれませんが、ちょっとブルブルするのはスカットルシェイクなのか?あの試乗車特有のものであればいいのですが・・・

 「私の」ポジションをとりにくいのはFUGAと同じでした(シートを下げさせられる・・・)そして、Aピラーの迫り具合も・・・(FT-86は如何に)

 そんなにひどい結果(私の運転が)ではなく安心できたのですが、それぞれに対するちょっとした違和感は、FT-86の担当がSUBARUであるということが解決してくれるでしょう。え、FT-86のスバル版はAWD?それはないでしょう。インプレッサWRXとの関係は・・・まさかインプレッサWRXが無くなる?


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki