TanaCar.net

プレマシー




>


マツダ・プレマシー20Z(5AT)(07/2/11)

WebCGより

初期ロールの「グラリ」がなくなった

 TanaCar.netのデザインコンテストでプレマシーはクラスのトップを走っています。私もこの人用の後継車にとブラッシュアップを待っていました。
mamaAbi-Stationで製作)
 
 プレマシーにはデビュー後すぐに試乗しましたが、ロール初期の「グラッ」が気になりました(アクセラでは見られないので)。

 しかし、最近のマツダの流れ、特にベースのアクセラ(マイナーチェンジ版)の仕上がりの良さを見て、その波紋がプレマシーにも影響することを勝手に確信していました(^_^;)

 ハンドリング・乗り心地においてプレマシーはアクセラがベースである事に疑問を挟む余地はなくなりました。とくに電動ポンプ油圧によるパワステはますます磨きがかかってきました。

 前日にゴルフGT TSIで走ったコースでしたが、例の減速しない(アクセルを踏んだ)FFのコーナリングも一発で決まりました。特にハンドルを戻す時の手応えがすばらしいです。

 アテンザからすでにそうでしたが、突起を越えたときの遮音が実はマツダはいいと思います。それはこのプレマシーも備えています。

 エンジンはパワフルです。音は、同社のターボとは違っていい音です(もともと最近のマツダの4気筒NAはいい音ですが)。今の私の相棒(初代ストリーム)よりVWのFSIに肉薄しています。

 フロアでマニュアルモードしやすいシフトレバーの操作感はさすがZOOM-ZOOMですね。

 いやー、現行ストリームにいいコンペティターが出てきました(盛り上がっていいと思います)。

 内装のパネルをアテンザのマイナーチェンジで使った手法を使えばいいのではと思います(あれは効果的です)。

 リアシートの居住性(座っただけ)はゴルフのそれを、当然ですが凌いでいます。なんでゴルフを持ち出すのか?ハンドリングがゴルフと比べられるからです。プレマシー、ストリームがゴルフ対抗馬なんですね・・・ちなみにゴルフGT TSIより2台とも軽いのです。

 次期プレマシーは全高1600mmを切るべきでしょう(後席に座ると余ってますよ、頭上空間)。

 それにしてもマツダのパワステは素晴らしいですね・・・
 スバルが出すというミニバンも是非このグループに入ってきてほしいところです。
 


デザインコンテストアンケートカーメーカーのイメージ形式知化にも是非お寄りいただき、ご投票の程お願いいたします。)

お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki