TanaCar.net

フォレスターXS(4AT)vol.2




>


フォレスターはかなり欲張り?(2008/2/6)

 XSの試乗は時間がなく市街地を一回りしただけでした。

 カーグラフィック誌のリポートで、高速で電動パワステの中心域の情報量が少ないと指摘されましたので、これは私のホームコースで試乗する必要があると「南」のディーラーに行きました。そのディーラーはSVXのブレーキパッド交換をしていただいた際にいい仕事をしていただき、信頼しているのです。

 しかし、1つ懸念がありました。

 GT-Rの後に乗ったFUGAのインプレッションで自分のセンサーが「普通の車に乗れないセンサーになってしまった?」と感じられたことです。

 杞憂に終わりました。

 結構突っ込んだつもりですが、ほとんどタイヤが鳴りません。同じヨコハマのオールウェザータイヤでも、先代は最初の交差点で軽く鳴りました・・・

 ブレーキを残してカーブにアプローチするいつものスタイルが使えるので助かるのですが、考えてみるとこれは不思議な挙動です。ロードクリアランスが200mmを越えているというのに、グラッと感じることがありません(結果的にインプレッサよりロールしない印象)。
 フロントがブレークするまでにリアが「止めろー」と邪魔して来ないのがうれしいのです。フロント荷重して入れば、
「そう来ましたか・・・」とアンダーを消すように反応してくれます。

 このあたりでこちらのレクサスだと同乗スタッフは顔が引きつっているのですが、親のBGレガシイをわがものとし、その流れでスバルに入ったというそのスタッフは、「まだまだそんなものじゃスバルの本領ではありませんよ・・・」とでも言いたげなナイスガイでした。

 途中S字のようなポイントがあるのですが、この腰高がサクッとクリアします。不思議とロールの揺り返しを感じません(タイミングが合うのでしょうか、気にならないのです)。

 こういう「エイッ!」とハンドルを一気に切るような場合、少し軽めのパワステの設定は私は歓迎です。接地感は伝わりますけどね・・・(前述のカーグラの指摘はもっとRの大きい高速コーナーでの話なのでしょうか・・・)

 同じようなS字で、新型フィットRSはなかなか決められなかったのです・・・(ストリームは素晴らしいのに)

 今度のフォレスターはSUVなんだから、日産デュアリスと比べるべき?

 いや、対照はストリームでいいと思います。そう、ここがフォレスターの凄いところだと思います。SUVではなくステーションワゴンと比べるべき身のこなしです。

 ここは、インプレッサNAコンセプトをはずして、フォレスターのMTでいきますか!ただタイヤを換えるとバランスが崩れそうです。夏タイヤにすると実はXTの方が良くなる?

 ということでXTもワインディングで乗る必要がありそうです(^_^;)


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

フォレスターにしよっかな・・・

[Tanac] (2008-02-12 18:35:59 (火))

先週末、初めて家族でスキーに行きました。
妙に妻が行きたがるので・・・いざ行ったら、やめればいいのに長男にレッスンしてしまいました(^_^;)

やっぱりスキーはいい!一応元草レーサー・・・久しぶりにアドレナリンが出てきました。
家族でスキーに行くには、やはりフォレスターがいいですね。それもMTで右脳を活性化させて、ワゴン並みにコーナリングが楽しめる・・・

なにより実は、かっこいいと思うのです、フォレスター(^_^;)

いずれ追加されるディーゼルは排ガス規制のクリアが難しいようなので('11年?)

「やっぱりディーゼルにすれば良かった」にならないためには・・・そう、XTにすればいい(^_^;)

と思っていたら、またもや悩みの種になる情報が・・・
「今度のアコードにもユーロR有り?」

それと、今度のアコードツアラーかっこいい!
http://www.carview.co.jp/news/0/65608/
内装のフィニッシュと低速のコンフォートはアテンザを上回ってくるでしょう。

これのディーゼル妻号に・・・(デカいか)そして私はインプレッサNAコンセプト・・・

なんか楽しくなってきました(^_^;)
やっぱり見た目は大事・・・


お名前:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki