TanaCar.net

フェアレディZ432の記事を読んで




>


すばらしいリポート(2008/12/8)

 Z(S30)に対していただいたコメントを読んでいると、昔、二玄社のコピーサービスで入手したファイルのことを思い出しました。

 ほめられている記載はピンク、短所は黄色の蛍光ペンでラインを引いていましたが、黄色の方はほとんど見えなくなっていました(紙も変色しています)。

 ロードテストNo.009「ニッサン フェアレディZ432」は小林彰太郎さんによるものでした。

 あっという間に読んでしまいました・・・(この読みやすさは、なぜ・・・他のモデルのコピーも改めて読んでみたいと思います)

 皆様に、このモデルの紹介を示すのは逆に失礼ですので、私の記事の所感を僭越ながら・・・

 まず、他のGTモデルとパワーウェイトトゥレシオを比較した考察をされていました。
Z432:5.87kg/HP。スカイライン2000GTR:7.00kg/HP。トヨタ2000GT:7.63kg/HP。マツダ コスモ:7.50kg/HP。
 圧倒的なのですが、「比較的重い車重(1040kg)」とされているのです(^_^;)。次の私のセレクトでは車重は拘りたいと改めて思いました。今のクルマ、やはりでかくて重すぎるのでは・・・

 改めてマーカーを追加した記載があります。
「スポーツカーでは、一般にダッシュボードが遠く、さらにシートベルトを着用して操縦する機会が多いから・・・」

 私、スポーツにもこだわりたいと思います(^_^;)スポーツ(ワゴン)も可?

「フェアレディZはやはりman’s carである。」ずばりですね(^_^;)
「クラッチ、ブレーキはみな重く、ステアリングもパーキングスピードではひどく重いから、・・・」私は自分が車好きだと持っていましたが、堕落していたんですね(^_^;)

 同じ、「セミ・レーシング・エンジン」を積むスカイライン2000GTRとの違いを示されています。どうも、GTRよりエンジンが「フレキシブル」で静かで、「ごく軽いアンダーをずっと持続し、限界に達するとテールが徐々にすべり出すという、理想的な性質である。」ようです。

 もうひとつマーカーを引いたのは、
「どこかの自動車誌が前日にクラッシュさせてしまい、結局今月号に間に合うよう、テストする時間がなくなった。」これ傑作ですね(^_^;)

 すーっと読めてしまいました。どういう感じなのか浮かんできますし、それでいて何度か笑みも浮かべることになり、良い時間を過ごせました

 スバル1000スポーツセダンのインプレッションのコピーもあるので勉強したいと思います。


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

CG選集

[SaiHT] (2008-12-06 20:49:51 (土))

 Z432の記事は当時リアルタイムで何度も何度も読んだのを覚えています。その頃のCGは余りの量になって保存場所が無くなり、残念ながら結婚と同時に処分(知人宅に嫁入り、いや婿入りか)してしまったのですが、この記事は今から数年前に発売された「CG選集フェアレディZ」(301ページ、1900円+税)に載っています。
そして71年には小林氏による240Zレーシングの富士でのトラックインプレッション、さらに72年のロードテストNo22で240ZG(これも当然小林氏)もCG選集には載っていますよ。いま久々に見ているところです。
それにしても、フェアレディZ(S30)やホンダS600/800という表題をみると黙っていられなくて、ついコメントを入れるのはオジンの証明みたいなものですかねぇ。明日は最新のZでも見てこようかな。

  • SaiHTさん、ありがとうございます(今後も教えてください)。
    「CG選集」という手があるんですね。
    最新Z!是非お願いします。G37クーペがあるからホイールベースを短くすることができたということでしょうか(シルビア後継との共用する必要もあった?)いずれにしても短くしたモデルチェンジを私もチェックしたいのですが、FRモードに自分を変えるのを忘れないようにしないと(^_^;)
    アコードとどっちを先にすべきか・・・ -- [Tanac] 2008-12-07 06:55:38 (日)
  • 私もTanacさんと同世代だと思うのですが、双葉文庫刊「自動車ロン」の“昔はよかったか”の章を読むと、子供の頃にあこがれたスポーティカー達の実態がどうだったかが貴重な視点(笑)から描かれていて大変興味深いです。ちなみに著者は別著を何度かご紹介した福野礼一郎氏です。 -- [<G>] 2008-12-07 15:16:13 (日)
  • 実は昨日、新型Zを見に行ったらナンバーがついていたので、当然乗ってきました。バージョンSTの6MTという一番スポーティーな車種でした。一言でいえば短くなったホイールベースと軽量化のメリットは充分に感じられました。Tanacさんも是非試乗されたら如何ですか。乗ってみる価値は充分にあると思いますよ。それではライバル(とニッサンが言っている)のケイマンSと比べるとどうかといえば・・・・あっ、いや、その。まあ、ポリシーが違うということで。 -- [SaiHT] 2008-12-08 20:23:26 (月)
  • <G>さんありがとうざいます。「自動車ロン」ですね。チェックしたいと思います。SaiHTさん、速報出てますね。試乗車MTですか。いいですね(^_^;)サイトの更新お待ちしています。 -- [Tanac] 2008-12-09 06:38:57 (火)

お名前:






presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki