TanaCar.net

フィットプロトタイプ(CGレビュー)




>


CG REVIEW(ホンダ・フィット プロトタイプ)(2007/10/12)

#amazon(B000VZD68M)

WebCGにリンク

 CG11月号に間もなく発売される次期フィットのリポートがありました。このパターンはストリームの時と同じです。

 代車がいつもフィットなんですが、その度にコンパクトの気持ち良さを再認識させられます。

 新型デミオの仕上がりを見てはあの後ろ足をかなり鍛えてこないと厳しいのではと期待半分不安半分で待っていました。

 カーグラフィックには次のような記載がありました。

「リアのサスペンションストロークがしっかり確保されている・・・」
「端的に言って乗り心地が良い。」
「新型はそれ(初代)とは対照的に路面の凹凸をしなやかにかわすようになっていた。」
「むしろ15インチの1.5Lモデルの方が、低速域の乗り心地にしなやかさを感じた・・・」
「(エンジン)高回転まで滑らかに、実によく回るのだ。」

 実は、このフィット楽しみにしています。1.5RSのMTは4輪ディスクになるようです(デミオも続くべし)。

 ただCG誌はパワステのことには触れていませんでした・・・(ストリームシビックの仕上がりを見れば大丈夫でしょうか)

 まったく個人的な見解ですが、今の自分にとって今回のサイズアップは歓迎です。ストリームから乗り換え得る内容を予感します。

 今度のフィットは現行オーナーのためだけの車ではなくなるのです。大きくなったゴルフに代わり、スタンダードの座交代?

 と言いながら、東京モーターショーに出品されるエクシーガがなんか気になってしまいます・・・
http://www.carview.co.jp/tms/2007/preview_car/subaru_exiga/default.asp

 これのディーゼルが出たら私はこれにして、次期妻号(X)を・・・

X:フィット=ベリーサ:デミオ

に相当するようなのをホンダさんお願いします(^_^;)


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki