TanaCar.net

ノート・メダリスト




>


このタイヤでは評価が難しい(2012/9/14)

「メダリストになさいますか?」懐かしいサブネームを聞きました。子供のころの私は日産のファナティックで、2代のメダリストと暮らしました。対応していただいたスタッフの方も、長くRBエンジンの整備をされていたようです(^_^;)

 そんな経歴をお持ちであれば、RBを持ち出すまでもなくSRにも遠く及ばないこのスーパーチャージドエンジンの音については試乗中は触れないようにしました(^_^;)

 一般的なガソリンの日産車に試乗するのは久しぶり・・・

 クルマの理解のために自分の経験のレベルを上げるべく試乗を続けていきたいと思いますが、その試乗車のセレクトにはカーグラフィック誌のインプレッションを参考にしています。長年の購読から高く評価されていると思われるものに乗って自分のセンサーを確認してきました。排除してきたわけではないのですが、走り、とくにハンドリングにおいて日産車の試乗につながる記事が最近あまりなかったような・・・

 では今回のノートは?インプレッション記事はまだ出ていません・・・デザインを歓迎するからです(^_^;)内装デザインも、直近のオーリスより好ましい?(シルフィもこの流れになるのでしょうか)

 オーリスのRSと150Xの走りのあまりの差に戸惑ったばかりですが、今回のノートもこのタイヤ・・・私のレベルでは走りを評価することができません(TT)

 そういえばノートは(オーリス150Xとは違って)突っ込んでもタイヤは鳴らなかったですね・・・でもコーナーの立ち上がりではっきりした揺り返しが(^_^;)切り始めと切り終わりのインフォメーションが少ないので、対応するのに精いっぱい・・・いや、パワステの仕上がりではなくタイヤの領域なのだと思いますが・・・正直、評価ができません。

 空気圧の高い自転車に乗っているような硬い当たり・・・それに妙に合ってしまう硬い小さいシート(背骨を支えてくれるのは好ましいのですが)。

 せっかくのパッケージングがもったいない・・・(コンパクトなのに後席は相棒レガシィより広いのでは?)視界もドアミラーが下に付いていて見やすいですし・・・

 これ、燃費のために犠牲にしているものが多すぎなのでは・・・いや、これくらいで済ませるように凄いエネルギーが費やされた結果なのかもしれませんが・・・(ただ、野球で疲れた後、これに乗せてもらうなら自分で相棒を運転します)

 でも、そのエネルギーを別の方向に傾注すると、CセグメントでメルセデスのEもかくやのクルマになるのを経験してしまうと・・・


 今、子供たちに・・・と入手した親子向けの「論語」を読んでいます。

 クルマにおける「君子(立派な人)」とは?(^_^;)

 ちなみにノートに乗った帰りに気合の入った鉄仮面スカイラインとランデブー(^_^;)20年後、このように大事に乗ってもらえる日本車は・・・


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

始めまして

[maron] (2012-10-23 00:01:51 (火))

新型ノートに関しては同じような意見です。
ただ、日本車のコストのかけ方に問題があるのでハンドリングなどに関してはエウロペ車にはかないません…

簡単に言うとノートとVWUP!と比較した場合ホワイトボディーのコストはUP!の方が上です
遥かに…と言いたいくらい上ですw
国産車は今や電化製品です

私は清水和夫氏が06年当時に「国産車でGTと言えるのはレガシィとV36スカイラインだけだ」と言っていたV36に乗っております
仕事柄仕方なく乗ってる感じなのですが、間もなく3年目を迎えようとしているにもかかわらず、未だにしっくりきません^^;

基本ATが嫌いなのもありますが2000回転付近からの「デロデロ」音が嫌いですw

脱線しましたがw
ノートのエンジンルームや車の裏側を見れば大事な「骨」にコストがかかっていないのがわかると思います。
ヨタ車ほどひどくはありませんが…

車両の走行実験時間の短縮も大きく関係しています
あまり詳しくは言えませんが^^;

言われてみれば…終の車にしたい車は無いですね
少なくとも国産車にはありませんw
仕事柄毎日余りにも色んな車に乗るので麻痺してる部分もあるかもですがw

強いて言えばまだVWUP!のMTが草履感覚で長く乗れそうかなぁ??
86にも絶望したのでww

最近はスルメの様な噛めば噛むほどな車ないですね
悲しい限りです…

あ〜最後に簡単に自己紹介をw
車関係の仕事しております
「まろん」♀ですw

これからたまに来させていただきますねw
どうぞよろしくです ヨロ(`・ω・´)スク!

  • maronさん、投稿いただきありがとうございます。プロの方からすれば、お恥ずかしい内容ですが、クルマが好き、クルマの事がより分かりたい・・・という思いで、試乗させていただいております。以前カーグラフィック誌に笹目氏が書いていた「・・・自分で仕上げることだと思う。それには自分がどんなクルマを欲しいのか、・・・それは経験を積み重ねるしかない。」という言葉を励みに、(買いもしないのに)試乗しております(^_^;)
     とは言いましても、とくにネットではその情報の位置づけを踏まえずに理解してしまう事もあるかもしれません。自分の仕事でも、「その点はそんなにこだわらなくてもいいのに・・・」という事が散見され、その人にとってその情報は有益とは言えない・・・ということも・・・
     よろしければ、プロから見たご指摘をいただければ幸いですm(_)m「これには試乗しておくべき!」というモデルがございましたらご教示ください。
     ちなみに次期スカイラインにはもう乗られているんですか?ご安心ください。サイトを見ていただければわかりますが、石川五右衛門くらい口は固い自信はあります(^_^;)今後もよろしくお願いいたします。 -- [Tanac] 2012-10-23 10:02:52 (火)

お名前:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki