TanaCar.net

ダイナミックセイフティ・テスト




>


NAVI誌のダイナミックセイフティ・テスト(2005/11/14)

 TanaCar.netの試乗は正規ディーラーの短時間の試乗なので、高速域での挙動や限界時の挙動についてはカバーできません。これらを20年間購読してきたカーグラフィック誌の記事で必要なものはレビューとして補足して参りたいと思います。
 もう一つ、重要な情報として同じ二玄社のNAVI誌(ストアにリンク)に展開されている「ダイナミックセイフティ・テスト(以下DST)」を挙げなくてはなりません。ここではブレーキおよびシャシーの総合性能だけでなく、そのブランドの志や哲学などにもスポットを当てています。
 私は次の二つのテストに注目しています。

  • 旋回ブレーキ・テスト
  • ダブルレーンチェンジ・テスト

 旋回ブレーキ・テストはドライの直線路から100km/hで半径50Rのぬれたコーナーに進入し、同時にフルブレーキングを行うものです。ここではABSを含めた総合的なブレーキ性能だけでなく、旋回性能についても評価されます。どんなに短い制動距離でもラインが外側にふくらんでは「危険」となるわけです。

 ダブルレーンチェンジ・テストwet condition80km/hで進入して障害物を回避し(レーンオフセット4m)、再びもとのレーンに戻るテストです。

ダブルレーンチェンジ.jpg

(図はNAVI誌より引用)
自動車両安定装置を含めたシャシー性能だけでなくマン・マシーン・インターフェースについても評価対象になっています。

 このDSTで言われている、旋回ブレーキテストでのメルセデス・ベンツEクラスの凄さ、ダブルレーンチェンジ・テストでのBMW5シリーズの凄さは認識せざるを得ないでしょう。
 しかし、例えばスバル・レガシイ3.0Rもテストにかけられていますが、ダブルレーンチェンジではEクラスをしのぎ(旋回ブレーキでは及びません)、5シリーズに肉迫しています。価格差を考えればこれは事件なのではないでしょうか・・・これも富士スピードウェイでの清水和夫氏の駆る「躍るB4」を見ると納得することになるのですが(レガシィ富士スピードウェイ体感試乗(2)参照)

 メルセデスのバイワイヤブレーキとBMWのアクティブステアリングを組み合わせたら・・・そこにレクサスGSが挑むわけですが、これは早速NAVI誌12月号で報告されています。GSは一度に欧州プレミアムの双璧を相手にするのですから、大変です。個人的にはハイブリッドAWDを採用することで、異次元の領域に達することに期待しています(GSのハイブリッド・バージョンは残念ながらFRだそうです)。
_
  







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki