TanaCar.net

タイヤ交換で見えるブランドの哲学




>


(2013/12/17)

 昨日はC3のタイヤを換えました。今回は手伝ってくれませんでした(^_^;)

 今年は一週間以内に、それも共に平日の日没後にタイヤを履き替えたので、スバルとシトロエンの違いを改めて垣間見ました。

 はじめにやることは・・・ジャッキをかけることですね。これまでの経験だと(日産、スバル、ホンダ・・・)かけるところが2か所欠けていてその間にかけますよね。シトロエンは、さらに真ん中に少し大きく丸く穴が開いているのです・・・これ、一瞬大丈夫なのか?と思うのですが、薄暗いところでやるとこれがわかりやすいのです。

 それと、前述のブランドと決定的に違うのは、ナットにカバーがついているのです(^_^;)

 セキュリティーの面でも有効かもしれませんが、どちらかというとネールアートの範疇なのでしょうか・・・ちょっと手間なんですよね。

 それと、インパクトドライバーを外す時だけ使うのですが、シトロエンは放電防止なのか途中で電源が落ちるのです・・・これ、意外というか、実は「らしい」のか・・・

 でも、C3の場合交換のご褒美が・・・インチダウンによる乗り心地の改善(^_^;)

 前回もそうでしたが、すーっと滑っていく感じ・・・

 この乗り心地も捨てられないですね・・・(今度のC4ピカソってどうなんだろう)


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki