TanaCar.net

スバルの「証」




>


スバルの「証」(=イメージ)の形式知化プロジェクト(2006/12/12)

 2009年1月1日より投票は以下のリンク先にてお願いいたします。


 暗黙知されている物を形式知化するという作業が種々の分野で試されています。
 漢方の世界では病状を把握するのに「証」という考え方を使います(カーメーカー(ブランド)のイメージを形式知化する参照)。
 この手法で車に興味をお持ちの皆様に、スバルの「証」を診断していただき、暗黙知されているイメージを形式知化することができたら、有意義だと考えます。
 項目によっては悩むこともあるかもしれません。その場合は無理に判定されずに「どちらでもない」としていただければと存じます(その方が形式知化につながると考えます)。
 尚、「このブランドについてはこの項目が必要だ。」というような提言がございましたら、下のコメント欄にご投稿いただきますようお願いします。

複数回投票はご遠慮くださいます様お願いします)

富士重工(スバル)
耐久性濃い 89どちらでもない 59薄い 131
運転が楽しい濃い 132どちらでもない 171薄い 81
運転して快適濃い 105どちらでもない 276薄い 21
走りが安心濃い 112どちらでもない 273薄い 85
エンジンのトルク感濃い 89どちらでもない 168薄い 45
エンジンのスムーズさ濃い 72どちらでもない 211薄い 29
乗り心地濃い 69どちらでもない 151薄い 74
内装の質感濃い 162どちらでもない 122薄い 44
使い勝手がいい濃い 51どちらでもない 105薄い 45
美しい外観濃い 58どちらでもない 92薄い 100
力強い外観濃い 129どちらでもない 121薄い 217
ステータス性濃い 52どちらでもない 59薄い 74
信頼感濃い 78どちらでもない 47薄い 47

LIST

グラフへのリンク

スバルvsホンダ
マツダvsスバルvsホンダ
トヨタvsスバルvsホンダ
メルセデスvsスバルvsホンダ
日産vsスバルvsホンダ
三菱vsスバルvsホンダ


  • もうすぐB4・2.0GTからアウトバック2.5iになります。 -- [komo] 2006-12-13 23:36:34 (水)
  • komoさん、ありがとうございます。アウトバックは現行のD型でしょうか・・・(B4はBH型ですか)
     つい最近ランカスター(BH)に試乗しました。「レガシィ富士スピードウェイ体感試乗(2)」でスバルの皆さんもこの言葉を使っていましたが、現行レガシィ(D型)は走りにこだわってきたスバルの「完成型」ですね。
     走りは完成しました。あとは?それがこの形式知化プロジェクトで見えてくるかもしれません。でも、それはレガシィが備えるべきなのか・・・D型の進化がフォレスターや、新たに追加されるというミニバンも及ぶかもしれません。それが達成された場合、レガシィは・・・ -- [Tanac] 2006-12-14 05:30:25 (木)
  • B4はBL型(2003/6)です。試乗してアウトバックのサスペンションの滑らかで路面に吸い付くような動きと、それに伴う乗り心地の「ゆったり感」が今の自分が求めているフィーリングに合っていましたので購入しました。 -- [komo] 2006-12-14 23:45:53 (木)
  • このアウトバックという車は今後のレガシィの推移によっては「マスターピース」と呼ばれるのではと思っています。ちなみに最低地上高はハリアーより20mm多いんですよ。ぜんぜんセダンライクですからね・・・(富士で確認済み)。
     私もいつかBL・D型のアウトバック(6気筒)にできたらいいですね(これはエンスーですよ)。そうだ友人でこの秋に買ったのがいるので予約しておこう(^_^;) -- [Tanac] 2006-12-16 06:11:28 (土)
  • 現在のスバルは完成への過渡期であると思います -- [なべ田] 2007-03-15 01:08:17 (木)
  • なべ田さん、具体的には何を備える必要をお感じでしょうか・・・次期インプレッサにお乗りになったら、内緒で教えてください(^_^;) -- [Tanac] 2007-03-15 12:02:26 (木)

お名前:

(コメント欄で「&br;」と半角で入れていだきますと改行となります)
_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki