TanaCar.net

ゴルフVI TSI ハイライン vol. 2




>


ゴルフ・TSI ハイライン vol. 2(2009/5/11)

 GTIやR32の時と同じコースで乗り直しました。

 ゴルフ困離妊競ぅ鵝⇔匹い隼廚Δ里任后B哨據璽犬任盻颪い討い泙垢、ゴルフ困忘聞罎砲覆辰討發蕕辰董朝ちょっと借りて(私、なんか早起きなんです・・・老人か?)コンパクトのスポーツドライブを堪能させてもらえる・・・。

 当然、フルタイム・マニュアルモードです。

 あれ、パドルシフトだとなんか反応が悪い?でも私は大丈夫です。実はフロアシフトの方が助かります。

 今回はちゃんと横滑り防止装置をOffにして臨みました。しかし、オーバーステアには持ち込めません。

 コーナーからの立ち上がりでアクセルを開けて調節しようとしてもそれに対して差がなく、戻るときにわずかですが揺り返しが来ます。それをなくそうとしても操作による差が出ない?
 (この戻ってくるときに、スバルはエンジンフード内の低重心の資質を見せてくれるのですが、新型レガシィのあの高いフェンダーがちょっと心配・・・)

 電動パワステの切り始めの反応がシャープになったと思いましたが、少し攻めると、やっぱりアネシス並みということはなく、ゴルフの範囲を超えているわけではありませんでした。

 おそらく、225/45R17の領域まで試乗が入っていないのでしょう。でも、逆に言うとタウンスピードからより多く「私が」楽しめるのはコンフォートラインの方になりそうです。

 ただ、ツインチャージャーのこの音(^_^;)CGのDVDにあったランチャ・デルタS4みたいです。

 マニュアルモードでやってると、すっかり「マシン」です(これ、GTI必要なんでしょうか・・・)

 ただ、妻号の初代Aクラスは腕のいい工場長さんによって、修理前よりパワステの調子が良くなってしまい、私の相棒のチェンジの方が先になります。

 VIのコンフォートラインにしてくれるなら、私の方は落ち着いたので行きますか・・・


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki