TanaCar.net

ウィッシュ 1.8S




>


私のイメージのトヨタ的(2009/4/10)

 ニューヨークショーでアメリカ仕様のレガシィが発表されたようです。国内版はあのフェンダーを変えて幅1800mm以内に収めてくるのでしょうか・・・

(ウィッシュの話じゃないのか?・・・もうちょっとお待ちください)

 先日、福岡に行く際に羽田に向かうモノレールからドレスアップされたレジェンドが見えたのですが、それ以来・・・

「レガシィ、セダンにしよう!」となっています(^_^;)

 本来は私の相棒(初代ストリーム)とガチンコの相手のはずなのですが、そうではなくて妻号の後継になるかどうかという観点で考えています。

 こちらでは初代ウィッシュもリポートしています。読み返してみました(けっこう言っちゃってますね)。今回の新型に対して同様のコメントをすることはありません。

 試乗車は47kmしか刻まれていない卸したてでした。

 初代のドアを開けた時に感じた安っぽい音はしませんでした(ストリームも今は安っぽい音はしませんが)。

 当たりは強めなのですが(タイヤが僅かにドタバタします)、なぜか昔のトヨタを感じたのです。

 パワステはちょい乗りの範囲では良いと思いました。一回少しだけ突っ込みましたが、やはり踊ることはなさそうです(安定志向)。

 1.8Lに初めて採用のDual VVT-iエンジンは・・・まあ、まだ走行距離47kmですから、改めて攻めたときに。

 マニュアルモード操作のCVTは好印象です。シフトレバーも操作しやすくなっていました(これが効いているのかもしれません)。

 今回、好印象を感じたのはバランスが取れていたのと、インターフェースの部分が良かったのでしょうか・・・

 私がこれに乗ることはありませんが、妻号にはタイヤをノーマルにすれば結構いいのでは・・・(私はゴルフ・ワゴンがいいのですが、でも新型ゴルフ採匹気修Δ任垢諭

 それで、私は・・・ツーリングワゴンじゃなくて、スカイラインにレガシィセダンで勝負(^_^;)


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki