TanaCar.net

インプレッサXV?




>


このclassのそのコンセプトやよし(2010/2/5)

 次期妻号候補ですが、たとえば日産デュアリスのようなモデルが望まれます(目線が高い方がいいとのこと)

 富士重工が3月に開催予定のジュネーブモーターショーの出展概要を発表しましたが、わが家にもう1台スバルが来る?かもしれないモデルが発表されるようです。 

 以下プレス発表より引用。
「インプレッサの5ドアモデルをベースに、クロスオーバーテイストのエクステリアデザインを施したニュー モデルです。専用デザインのフロントグリルやホイールアーチ、専用装備のルーフレールやルーフスポイラーなどを採用しました。

<主要諸元>
 全長×全幅×全高(mm):4,430×1,770×1,520(ディーゼルモデルは1,515)、ホイールベース(mm):2,620」

 Gravel Expressのようになってしまうかもしれませんが、温かい目でひとつ育てていただき・・・(でも、次期インプがオーリスと姉妹車になってしまうと意味がないのですが)


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

日本一早いXVのインプレッション

[Tanac] (2010-06-25 18:33:14 (金))

が出ています。
http://minkara.carview.co.jp/userid/426186/blog/18628854/
なんか、妻号というより私の次の相棒に?
1.5LのFFのMTがあるんですね・・・
でも、WRXセダンが出たら同じことを言っていることでしょう(^_^;)


お名前:

写真が出てきました。

[Tanac] (2010-03-02 21:41:59 (火))


どうですかね・・・ディーゼルを日本に入れればたいしたものですが・・・
うちの妻号に・・・4ATでもCVTでも分からないだろうし(^_^;)

追伸:スペシャルコンテンツを見ました。
・・・これは、妻には無理ですね(^_^;)
 せっかく5代目レガシィでスバルのイメージが良くなっているので、これは見せないようにします(背の高いインプが出るなんて、忘れているはず)

 こういう(ゴツい)ニーズが欧州では多かったということでしょうか・・・日本版はグリルをアウトバック(BR)と同じような感じで(それとリアのランプ・・・)。

  • これ、ディーゼルが日本に導入されるなら検討の車種になると思います。今日雑誌で載ってましたが、ディーゼルだと6MTなんです。妻が運転できませんので厳しいかな?今年で3回目の車検です。CR-Zのワゴン版という記事もありましたし、ハイブリッド、ディーゼル、やはりVTEC・・・  あと2年でしょうか?それとも今のを乗り続けているのでしょうか?? -- [Mashi] 2010-03-13 17:01:31 (土)
  • Mashiさん、完走おめでとうございます。なべ田さんが自身のみんカラで指摘していますが、一緒に置いてあった新世代エンジンが1300からあるかも?と考察されています。そのようなエンジン・・・載せるとしたらインプレッサですよね!インプレッサの明るい未来に期待したいと思います。
     トヨタから富士重に役員が来るようですが、次期ヴィッツは逆にスバルが関わるべき?
     CR-Zのワゴンですか?ネット上にも出てますね・・・本当なら面白そうですね。まさにスポーツワゴン!そういう大きさのワゴンほとんど無いですからね。(次期シビックも・・・) -- [Tanac] 2010-03-14 06:46:12 (日)
  • その雑誌ですが・・・後ろにスバル特集ありますでしょうか。備忘で記します。
    SVX復活」とあるじゃないですか!
    6気筒でないのはハイブリッドということで通して・・・これ良いとは思っていましたが、SVXですか・・・なんにしても出るなら大歓迎です。実は妻号になりうる?
    それとディーゼル&リニアトロニックも是非!ハイブリッドいらないくらい絶対的にスゴいと思うのですが、どうアピールすべきか・・・「龍馬ならコレで奔(はし)る」龍馬伝やっているうちにという希望をこめて(^_^;) -- [Tanac] 2010-03-14 22:07:06 (日)

お名前:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki