TanaCar.net

インプレッサ・スポーツワゴン1.5R




>


スバル・インプレッサ・スポーツワゴン 1.5R(S/Aパッケージ)(2006/7/10)

1.5L新型エンジンはいいけれど・・・

 マツダ・アクセラスポーツがマイナーチェンジで5速オートマになったので試乗したのですが、レガシィ(D型)のあとに試乗したのはアクセラにとってちょっときつかったと思うのです(スバルであればインプレッサと比べるのが筋です)。
 インプレッサの1500ccエンジンが新開発のDOHCに変わったので、モデルチェンジが2007年に前倒しになるかもしれないという状況ですが試乗することにしました。
 
 このエンジンはマニュアルミッションで楽しみたいと思える素晴らしい物でした。レガシィ2.0RのNAのように今までのスバル製自然吸気エンジンと一線を画す吹き上がりを示します。例の排気系の「等長等爆化」によって、もう「ボボボボ・・・」とは言いません。これのマニュアルに乗る人はかなりエンスーだと思います。

 しかし、その他はほとんどすべてにおいてアクセラを引き立てる事になってしまいそうです。パワステもこの後に乗るSX4に比べれば好ましいのですが、まあアクセラが良すぎるのだと思います。交差点を普通に曲がる時にもエンジンフード内に重量物がないのではと感じる低重心は健在ですが、それもクラスを越えたアクセラのフラットな乗り心地にはかき消されてしまいます。
 インプレッサもボディー剛性が高く、大入力でも破綻はしません。スポーツタイヤを履いたバージョンでしたが、突起を越えた時の音の遮断もよくコントロールされています。ただ、いつもボディーがひょこひょこ動いていて落ち着きかがないのです。

 この点では、強力な新鋭SUZUKI SX4の後塵も拝していますが、モデルチェンジが早まったとされる次期型ではそれに追随するのではなく、シビックのような運転をより楽しめるセッティングを目指して欲しいと思います(水平対向の低重心が加わればひときわ光ってくると思います)。
 
 一つの高みに達したD型レガシィの後の試乗で「何か物足りない」としたアクセラスポーツの名誉を回復したいと思います。
 この後に乗ったSX4といいアクセラといいほんとカッコイイですね・・・でもインプレッサスポーツワゴンもよくみると横と後ろは悪くないです。後ろ姿がかっこ良くて追い越し後にサイドミラーに移った顔が・・・
_


お名前:






presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki