TanaCar.net

はじめてのJリーグ観戦




>


12番目の選手もプレスが甘い?(2008/3/10)

J2開幕.jpg

 私の住んでいる町にはプロのチームがあります。

 そうはいっても先シーズンはJ1で戦っていました。開幕ホームで相手はJ2に上がったばかりのチーム。

「初戦は知っているチームの方が緊迫感があっていいのでは・・・」などと余裕をかましたのは完全に誤りでした。

 以前、浦和レッズとベルマーレ平塚がプレシーズンマッチでこの地に来てくれたとき、赤い服を持っていなかったので、安売りで赤のポロシャツを急遽買って見に行きました。

 レッズサポーターは目の前の当時の平塚のキーパー、小島選手にプレッシャーをかけ続けました。そこはさすが元日本代表、適当にあしらう仕草となんとも言えないコミュニケーションが成立していました。

 わが家族は、正直よく知らなかったFC岐阜サポーターの近くの席でした。さあ、相手キーパーの準備運動をけなすのはいつ?と待っていても静かなままです・・・

 前半、2階から打ったの?という羽地選手のヘディングを生で見て満足していましたが、あとで思えば、岐阜のサポーターは応援をし続けていました。対してホームのバックストレッチ側のスタンドはサポーターというよりは「観客」? サポーター本体と応援が連動していません。

 JFL万年最下位時代から業務?で見てきたからでしょうか・・・むしろ、妻の方が見えていたのかもしれません。

「こんないい試合でいいの?」

「いや、中盤の支配は圧倒的だし・・・」

 しかし、あとから思えば、後半の岐阜の守りの動きは変わっていました。岐阜のサポーターも伸び伸び応援を展開していました。目の前で動きが良くなった岐阜のキーパーに甲府サポーターのプレッシャーはかかっていたのでしょうか。

 岐阜のサポーターの近くに座っていたわけですが、試合中ヴァンフォーレの応援からプレッシャーを感じる事はほとんどありませんでした。

 終了時に甲府の選手はブーイングを浴びましたが、12番目の選手も相手へのプレスが甘い?

 ・・・岐阜でリベンジを!


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki