TanaCar.net

いい試合ありがとうございました




>


「走」も野球(2010/8/11)

 妻から、「スタンドでは傘が使えないためカッパを・・・」とメールがきました。

 「よりによってなんで今日降るかね・・・」と車内でぼやきながら向かいましたが、遠くにグランドの照明が見えると気持ちが盛り上がってきました。

 自然渋滞のみで、グランド周辺はむしろスムーズでした。駐車場で応援ユニフォームに着替え、グランドに向かう際も傘は必要でした。

 内野席入り口で待っていた子供達が、

「パパ、カッコイイよ。」(お前たちだけだ、そう言ってくれるの(^_^;)

「チェンと清水だよ!」

 その二人が先発だったら凄いな、と話していたのですがありがとうございました、両監督m(_)m

 家族4人でカッパをかぶって座ると中日がシートノックを始めました。
(グランドはできそうだ・・・試合やってくれ・・・)

 ほとんどしなくなった雨の土のグランドでのノックだからでしょうか。先週見たばかりのソフトバンクや西武のそれと比べてちょっと動きが・・・でも、和田選手や森野選手は大きく見えます。

 両ピッチャーの投球はこのグランドには似つかわしくなく、浮き上がって見えます(涌井投手の時よりもいいくらい?)。

 横浜のハーパー選手のホームランは、家族で県外からお越しいただいたらしい、我々の後ろに座っていたドラゴンズファンのお父さんの言う通りで、
「東京ドームならフェンス直撃、ナゴヤドームならライトライナー」だったかもしれません(^_^;)

 その家族と同行?と思われる、そちらは私共の前に座っていたドラゴンズファンは、途中で、

「山梨の人は、なんでこんなに大人しいんだ・・・声出すと『この人何言ってんの?』って感じで見られる・・・」と先ほどのお父さんとぼやいてました・・・

 その通り!去年の甲府でのナイターで、私も同じ思いをしてました(T T)

 直前に西武VSソフトバンク戦を観戦し、楽しいソフトバンクの応援の声掛けを聞いていたので、

 「もりのー、場外行けー」と私が怒鳴っても、今年は妻は「やめてよ」とは言いませんでした。
 「どうやったらそんな大きい声出せるの」と長男がきいてきましたが、いつも家で出している声で十分だぞ(^_^;)

 不謹慎ですが、大分前に調子が悪いときの和田選手がゲッツーばかりだったので、子供たちと
「和田またゲッツーか?」とテレビの前でよくヤジっていました。

 そのままのノリで、次男が1回表、ワンアウト2塁で和田選手に
「ゲッツーするなー」と声をかけてしまいました・・・長男が今はゲッツーはないと言うが早いか、左中間にいい当たり!

 が、ファインプレー。それもランナー戻れず・・・まさかのゲッツー。思わずウケてしまいました。
「中日らしいや・・・」

 県外の?中日ファンにちょっと睨まれました(^_^;)

 横浜の清水投手は低めに集めたナイスピッチングで、中盤以降は森野選手や和田選手の振りの凄さを堪能するのみでした。

 5回の中日の攻撃は、あそこは送りバントだと思います。とても打てる雰囲気がしませんでしたし、あの3回目の併殺でちょっと決まった感じです。

 前の週に西武VSソフトバンク戦を観戦して、「走」の魅力を体験してしまったので、不謹慎な中日ファンは「走」も磨いてほしいと感じた次第です。


お名前:
E-mail:
HomePgae:
題名:
水平対向の別名「○○○ー」ひらがな3文字で:

同じグランドを行進

[Tanac] (2010-08-13 09:51:18 (金))

 昨夜、こちらの地方局主催の少年野球大会の開会式で、先日の横浜VS中日が行われた同じグランドを長男が行進しました。
 暑さを考えれば夜の開会式はありがたく、おかげで私もみる事が出来ました。
「いい思い出になる」と思いきや、来年から毎年やるのか(^_^;)そこで妻と温度差があったようです・・・プロ野球でも使うグランドを毎年行進できるなんて、今の子は恵まれてる。私が野球教室かなんかで後楽園球場でちょっとやらしてもらった時はうれしかったものですが・・・
「大島(中日のセンター)がいたところに座ったよ」と長男が私に気を使って?話してくれました(^_^;)
(一緒に練習してきた先輩の最後の大会をみて、何か感じる事があるでしょうか・・・)


お名前:

_







presented by 地球の名言

温泉へ行くなら
ネオ屋台開業ナビ
国内ホテルの行く末
職種にまつわったもの
DIYに挑戦だ
トレンド博
賢くためる定期預金!
もっと知りたい家電の省エネ






Copyright(C) 2005-2014 TanaCar.net All Rights Reserved.
Powered by SiteDev+AT and PukiWiki